長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

種の立派な発芽、実の立派な収穫には、「大地の耕し」が絶対条件

「どんな漢方を処方しても
効かない、治らない」

「続けて漢方を飲んでいても
一向に治らない」

これが私の
悩み・ストレスの一つであり、

同時に相談者の
それでもある

今回、自分が
健康を失ったのは

まさに、まざまざと
この辛い体験を
するためであり

そこから抜け出すための
何かに気づき、新しい
出会い・学びを得るための

「有難く、貴重な出来事」

だったんだ・・・・・・

今回の上京で確信しました

種をまく=薬を飲む

実を収穫する=健康を得る

種をまいたのに
全然、芽が出ない・・・・

水も、肥料も毎日
与えているのに
全然、実がならない・・・・

それは、

種を植えた土地に
「大地」に問題がある

大地=人間の体

気づいたのです!

薬剤師として
健康回復という喜びを
お客様に提供するためには、

一度、薬剤師を
離れる必要がある

投薬=種をまく

薬が悪いのではなく
種をまく
タイミングが良くない

まいた種が確実に
芽を出し

順調に生育して
見事な実を
つけるためには

まずは


「大地を耕す」必要がある

何かをパクッと飲んで、
大地を耕すことはできない!

薬で、漢方で
大地が耕せる

耕せている

それが
誤りであった
錯覚していた

25年前、開業当初は
漢方で耕せていたかもしれない

でも、今は漢方以外の
“耕うん機”が
必要な時代だとわかった!

なぜなら、
どんどん大地は
すさんでいっているから

かたく、かわいた、
無機質な
冷たい土に

そこにどれだけ
高品質の種をまいても

結果は出ない

今回、その
耕うん機を見つけるべく
上京したのですが

一つ、見つけました~~
\(^o^)/

自分の体を通じて、
体感して、見つけました

とても有意義な上京でした!

最後、〆は

今から帰りま~す\(^o^)

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時