長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

太田東西かわら版19年

毎月、旬な話題を記して
お客様に配布している
<太田東西かわら版>

今日、今までの原稿を
整理していたら

2001年から
開始したことが判明

創刊号の原稿は紛失したものの
(確か、冷えをテーマにした)
2号目の原稿があった(^.^)

当時はパソコン(ワード)ではなく
ワープロ&感熱紙

ネタも
陳腐なものだった(^-^)

ブログ読者のお客様の中で
私から

「日記を書いたらいいですよ」
すすめられた方がいると思います

その時は面倒くさくても
その時の自分の考えや思いを
記して残しておくことは、

昔の自分を、自分の成長を
客観的に見れます

だから、
自分の事が
イマイチわからない人は

毎日忙しくて
周りに振り回されている人は

毎日ではなくても
私の毎月の<かわら版>のように

月に一度でも
その時の自分の思いを
記して残すことは有意義です

朝食はパン、お昼はラーメン、夜はトンカツ
食べたとか

そういう事ではなくて・・・・

当時、
何を悩み、何を考えていたのか?

小学校の朝顔の観察日記
ではなく・・・

自分の<心模様>
つづっていくのです

これ↓

この時(2004)に気づいて
この時から妻を

「さん付け」で
呼び始めたんだ~~

 
感慨深かったですね(^-^)

「おい」「わい」「あんた」「うちんと」とか・・・
長崎人、恥ずかしいね(〃▽〃)

記事にあるように自分の妻を
「おかあさん」と呼ぶのも
おかしいよね😊

配偶者間はきちんと
名前で呼び合いましょう!

特に妻は夫を
「さん付け」で呼ぶこと

決して
男尊女卑の思考ではなく

夫を呼び捨てにしたり
あだ名で呼んだりするのは
子どもに悪影響ですから

お母さんがお父さんを
さん付けで呼ぶことから

家族に
「父性」が生まれます

ブログ読者のお客様の中にも
私に指摘された女性、結構
多いですよね(^-^)

付き合っている頃からの
呼び名で呼んでいるご夫婦

「ケジメ」

しっかりとつけましょう!

見識のない女性は
夫の親や親戚の前でも

いつも呼んでいる
呼び名で言ったり

麻里さんが
私の両親の前で

「けんいち!」

「けんちゃん!」

呼ぶようなもの

ペットの犬の
「てんちゃん」なら
呼んでもいいけどさ(^-^)


「日頃の言葉遣い」
とっても大切です

家族の健康と幸せに影響する
基本中の基本です

家庭不和の家は
例外なく

家族間の言葉遣いが
汚く、荒く、粗暴です

こんなのもあった!😊

10年前の記事

長崎ダルクの中川所長と
水行したネタ

さらに・・・・・

今なら
“濃厚接触”で完全OUT!(笑)

これもなつかしい・・・・・・涙

<青のドレスから白衣に>

我ながら、機転を利かせたネタ
書いてるなあ~~(^.^)

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時