長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

助けてあげたい・・同情心へのブレーキ

8日金曜日、
午前中の相談を終えて
午後からは予定なしだったので

9日の大雪警報に備えて
『おでん』
作ることにしました

しかし!
翌日、大変なことに
気づいたのです

「厚揚げ豆腐」

買い忘れたのでした

大好きなおでんネタ
でもあるので

大雪の中、リュックをしょって
歩いて買いに行くことにしました

しかも
“あの傘”で😊


カメラマン😊

京泊公園は
完全な雪景色

ここは野良猫が多いのですが
もちろん、その姿はありません

「こんな寒い日は
どこで過ごしているんだろう?」

思って歩いていたら・・・・

わかります?  ベンチの下です

「ここにいるよ!」
言わんばかりの

寒いだろうに・・・・
かわいそうだなあ・・・・

そう思いながら
厚揚げ豆腐を目指して

無事に買い求めて😊

帰路、
あの猫のことが心配になり
立ち寄ってみたら・・・

「連れて帰ろうか・・・・?」

思ったものの

「いや、それが自分の悪い癖だ!」


思い直して
帰宅しました

無事に
厚揚げ豆腐、投入できましたが

やっぱり、あの猫のことが
気になり・・・・・

保護するのではなく
自分のできる範囲で
できることはないか?

その結果、
ひらめいたのが

「ダンボール箱と携帯用カイロ」
の差し入れでした

それを持って再び
猫の元へ

一度入って、
また出てきた時の様子

後のことは考えず、
後ろ髪を引かれる思いで
踵(きびす)を返しました

さくらの里のりえこさんから
「先生、なんですぐに保護しないの!」

言われるかも?と
思いながら(^-^;

私はなぜか、
猫の遺体とよく遭遇します

車にひかれて即死
生温かい猫も
葬ったこともあります

これまで葬った野良猫
5~6匹

今回も偶然ではなく
レスキューの使命か?と
思ったのですが

すぐに助けようとする
後先考えない行為

自分なりに反省して
自重するようになりました

それでたくさん
悩んできましたから・・・・

猫ではなく
「人」に対して

「もっと良くしてあげたい!」
「幸せになってほしい!」

その同情心は

自分の「エゴ」
相手への「押し付け」になる

自分のために
そう思うようにしました

そして、

相手のその苦難は
その苦難を体験するための

<魂の成長>のための
貴重な出来事

それを同情心から
邪魔してはいけない

そうした考えを学び、
持てるようになりました

時にそれは
「冷たい」「非情」
なのでしょうが

自分のそれは
「見守る母性」
そう割り切って

あの猫の
<ベンチ下で越冬する体験>

それを同情心から
邪魔してはいけない・・・

と思いながらも
人と猫は違いますから(^-^;

「一番搾りに入って暖をとれているか?」
気になったので

夕方、日が落ちる前に
若先生を引き連れて
再び見に行きました

まだいたら、
寒そうにしていたら

やっぱり
一晩保護してあげようと思って・・・(^-^;

すると、誰かが
そのベンチにいました

遠くからしばらく
様子を見ていました

この公園には
“”猫おばさん“がいて

野良猫に
エサをまいています

犬を散歩させる
こちらとしては

とっても
迷惑な行為なのですが

「こういう時こそ、猫おばさん
保護しないのかな?」
と思っていました

雪で視界が悪く
何をしているか?

はっきりとは
確認できません

やがて人影が無くなったので
そのベンチに向かうと・・・・

一番搾りが
空になっていました!!!\(^o^)/

目撃した女性が
“猫おばさん”どうかは
わかりませんが

その人が保護したことを
目撃しました

役目を終えた
一番搾りを回収して

よくベンチ周りを見ると・・・・
人の足跡がたくさんあって

あの猫を心配して
見ていた通行人

結構いたことも
わかりました

一番搾りの差し入れしか
できなかったけれど

一番搾りの箱
それを見た人が

何かを感じて、その猫を
保護するきっかけとなった

間接的にあの猫の
役に立てた

そう勝手に思いました

太田憲一、よくぞ
すぐに保護せずに

よく待てた!えらいぞ!!
\(^o^)/

さて、

厚揚げ豆腐を買い忘れて
翌日買い物に出向いてなければ

あの猫との
出逢いもなかった

今日のブログネタも
なかった

やっぱり、

すべては
<偶然ではなく必然>

すべては
<行動して体験して学ぶ>

再認識しました

「かわいそう・・・」
「いや、待て!」

同情心に葛藤した
出来事でしたが

ブレーキ踏んで
「あ~よかった~~~!」

その安堵の中での

<おでんと雪見酒>

格別だったという
お話でした😊

今朝の薬局

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時