長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

「SKS」の人は健康で幸せに生きれません

「こうしなきゃ!」

「こうでなければ!」

「こうあるべき!」

そんな

「こだわりの強い人」

「完ぺき主義・潔癖症の人」

そんな人たちは
様々な病気で悩んでいます

私が名付けます!

「SKS」

SKSとは・・・・

「せんばきのすまん症候群」

せんばきのすまん

これは長崎弁なので
標準語に翻訳すると・・・・

しないと気が休まらない

しないと納得できない

「MSKS」

毎日しないと気が休まらない

「JSKS]

自分がしないと気が休まらない

もある(笑)

具体的には

毎日掃除機をかけないと気が休まらない

毎日洗濯しないと気が休まらない

毎日風呂掃除しないと気が休まらない

自分が洗い物しないとが休まらない

毎日ピカピカにトイレを磨かないと
お金が貯まらない

      ⇩

一回寝たものの、思い出して起きて
深夜にトイレ掃除をする

毎晩テルミーして寝ないと気が休まらない

       ⇩

一回寝たものの、思い出して起きて
深夜1時に線香に火をつけだす

完ぺきなまでの
「SKS」!\(^o^)/

「なんでわざわざ夜中にするの?」
家族からの問いには

「せんばきのすまんとさ」

となる(^-^;

先日いらっしゃった新患さんのご相談は
糖尿病で、何とか血糖値を下げたいと
いうものでした

真面目に欠かさず病院の薬も飲み
インスリンの注射も打ち
毎日1時間のウォーキングを課して
部屋では自転車こぎもしている

それでも血糖値はそれほど高くないが
HbA1cが高値で下がらない

私は言いました

「それが原因ですよ😊」

「それって、何ですか?」と
おっしゃるので

1日1回も欠かさずに薬を飲み、注射を打ち
さらに食後の血糖値を下げようと
自転車こぎに頑張る

お客様はきっと雨の日でも台風の日でも
カッパ着てウォーキングしているでしょ?

お客様、驚いた表情で
「えっ、なんでわかるんですか!」

糖尿病の患者さんは
2つに分かれます

「健康意識の低い怠惰な人」

そのタイプは薬局には
相談にいらっしゃいません

もう一つが
今回の新患さんのようなタイプ

そう、

「SKS」

「毎日せんばきのすまんとさ症候群」
\(^o^)/

「こうしなければいけない!」

「こうでなければいけない!」

「それは許されない!」

その考え方・生き方は
緊張MAXの交感神経モード

「なぜHbA1cが下がらないのか?」
太田東西の見解は

いつも自分に厳しくて
自分をリラックスできないから

アドレナリン・コルチゾールが
持続的に分泌され
高血糖の体質となる

高血糖体質は
いつでも戦えるためにある

つまり、
24時間、365日
「戦闘モード」になっている
(グルコースをすぐにエネルギーに使うため)

だから、
イライラしやすいし

「せんでよかさ」

その家族の一言に
腹が立つ!(^-^;

SKSの人は真面目で
医者にとっては優等生ですが
(言われたとおり忠実に実行する
血糖値測定・毎月の通院など)

それが糖尿病の原因の一つになっているとは
お医者様は教えてくれません

なぜって?
それはわかるでしょ😊

インスリンが
しっかり分泌されないのは

膵臓が悪いのではなく
あなたの「SKS」

「せんばきのすまん!」


その生き方が膵臓のインスリン分泌を
低下させているかもしれませんよ😊

先の新患さんは
自分に運動負荷をかけすぎて

心臓・血管に強い負荷が
かかっている状態でした

しかるに不眠もある=
持続的交感神経緊張体質

それでは
薬もインスリンも増え続けます

強度の高い負荷で
心筋梗塞・脳卒中になりかねません

「血糖値、HbA1cが下がるなら
糖尿病が治るなら死んでもいい」

そんなストイックな、本末転倒な
食事療法や運動習慣を課している人たちを
これまでたくさん見て来ました

本質のそこに気づき、
なんとかわかってもらおうと
以下のような説明図も作成しました

治すべき、見つめ直すべきは

「SKS」

自分の真面目過ぎる

こだわりの強さ、頑固さです

「早く楽にしてあげなければ」

「命を救ってあげなければ」

何を隠そう、私自身も仕事柄
「SKS」ですから・・・・(^-^;

「たまには休んでよかさ」

ということで薬局は水曜日まで
勝手ながらお休みをいただきます😊

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時