長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

「強い心」というのは・・・

長崎県に大雨特別警報発令

洪水
土砂崩れ

命の危険が迫っている

今日水曜日は予約制

8時頃は
警報通りの大雨
雷もなっている

「不要不急の外出は控えるように」
テレビでは
さかんにアナウンス

予約キャンセルの
電話が入るかな?

思ったけど、
連絡がないので
予定通り薬局を開けていると

予定通りに
お客様がいらっしゃった!

いつものように
血流を測って差し上げた

すると・・・・・・

82歳のOさん

大雨特別警報発令中
悪天候の中での

100点!!!

以下、Oさんとの会話

私「テレビのニュースを見て、ふつうは
今日は止めておこう。また後日行こう。
そうなるのところ、どうして
予約キャンセルされなかったの?」

Oさん「昨日で漢方が終わったし、
どうしよう・・?という
迷いはなかったですよ」

私「この天候不順で、ただでさえ
体調を崩している人が多いのに
どうして100点が出たと思います?」

Oさん「先生の漢方のおかげですよ。
かかりつけの医院には
今日の天候なら行ってません」

Oさんは太田東西薬局に
21年間、毎月通って
私の漢方を服用くださっている

つまり
61歳の時にいらっしゃった

当時のOさんなら
今日の予約は

即、キャンセル!
だっただろう

昔なら今週は
ずっと
寝込んでいたはずだ


「チケ持ち」
これ、長崎の方言だが

「慢性頭痛持ち」のことで
特に雨前や
今週のような低気圧で
頭痛が頻発する体質のこと

Oさんは
「大チケ持ち」
鎮痛剤の常用者だった

私は常々
以下、お客様にお伝えしている


「真の健康」というのは
「人間ドッグで異常なし」

ということではない

坐骨神経痛で足が痛くても・・・

「前向きに生きている状態」

「自分を大切にする気持ち」

それを失っていない
生き方こそが
真の健康ということ

大雨のニュースを見聞して
怖くなって、不安になって

「止めておこう・・・」と
家の中でビクビク

大雨情報のテレビを
つけっぱなしにして
心を翻弄される

いくら病院の検査で
異常が無くても

そうした人たちは
大きく病んでいる

Oさんは薬局の講演会には
一度も参加されたことはない

しかし、21年間で

太田東西の漢方で
「強い体」を手に入れ

太田東西の指導で
「強い心」を手にできた


大雨特別警報発令中の
100点満点が
その証左だ!

30~50代の女性お客様が
当局の主流ですが、

後期高齢者の女性お客様にも
コアなファンは
結構いらっしゃいます!
(⋈◍>◡<◍)。✧♡


生き方考え方を
大きく変えられない
“彼女たち”から

私は自分の
漢方処方の効果を
実感させられています。



お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時