長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

梅雨の長時間マスク着用注意!

先日、
コロナウイルスには
感染しなかったものの

ヘルペスウイルスに
感染したお客様が
いらっしゃいました

口唇ヘルペスです

用心深い
マスクの着用から

マスクと口唇の
密なる接触刺激

口唇周囲の喚起不良からの
ヘルペスウイルス発症
だと思われます

6月に入り明らかに
<マスク長時間着用の副作用>が
目立っています

最近の新患の方で

数ヶ月前から
突然意識を失う
ご相談がありました

どこの病院に行っても異常なし
しかし、記憶障害は
突然襲ってくる

その原因は

<酸欠>


予想を立てました

脳への酸素供給が低下して
ある限度を超えた時に
記憶が飛ぶ

もともと
SAS(睡眠時無呼吸症候群)があり

車の中でも庭でも
ほとんどマスクを着用している

梅雨の「低気圧」は
「低血圧」になりやすい

低血圧は
心臓から脳へ
(下から上へ)の
動脈の血流パワーが低下

よって
<酸欠>になりやすい

マスクをして
コロナウイルスの侵入を
阻止できたとしても

人が生きて行くうえで一番大切な
<酸素>まで侵入阻止して
しまっては本末転倒です

マスクを極力しない

マスクを着用
しなければならない場所では

たまにはずして
深呼吸をすること

アドバイスした上での
最適な漢方を処方したところ・・・

一度も記憶障害が起きなかったと
喜んでいただけました

梅雨の6月

風呂場の窓を閉め切って
換気扇もオフにすると
どうなるか?

カビが生えます

この時期に
長時間のマスクをすることは

口腔内に
それと同じ状況をつくります

口腔内や口唇周囲の皮膚に
カビ、正しくは

<真菌>
繁殖させる可能性がある

もちろん、真菌だけではなく
細菌もそうです

湿度が高く、
喚起が悪い口腔内では
嫌気性菌が増殖して

<虫歯、歯周病、口内炎>

<舌カンジタ>

発症しやすくなります

この時期に
水虫のCMが目立つように

水虫(真菌)は
湿気が大好きなのです

以前、ブログにもしたと
思いますが・・・・

ここ(橙色)ばかり見ていたら・・・・

緑色の病気になりかねません

緑色の側面からも見る
<多角的思考力>が必要だと

今、スーパーなどで
マスク着用している人は

4つのタイプに
分かれると思います

1.何も考えずにしている

2.コロナが怖いからしている

3.マスクをしていないと
他人から変な目で
見られるからしている

4.自分がマスクをしていないと
周りが不安がるから
周りへの愛を持ってしている😊

私ですか?
はい、4の想いでしてます😊

でも、来週から

「もうマスクはしなくて大丈夫ですよ!」
アピールのために

変な目で見られても
着用するのを止めます

まず、誰かが止めないと
みんな止めようとしないのが
日本人ですからね(^_^)

すべての感染症予防の基本は
道具(マスク)や薬ではなく

自分の免疫力を
日々高める生活習慣です

マスクは本来、
風邪を引いた人が

他人に移さないために
着用するものです

有史以来、
毎日長時間マスクをして
4か月も過ごすことは
なかったはず

<酸欠>

その着眼点は
病院にはありません

なぜなら、病院は
マスク着用義務だから

なので
医療従事者の方々も

<慢性的酸欠状態>で
体調崩されているかも・・・・

私、ですか?

はい、大丈夫です!!

相談室で
マスク姿の私を見たお客様

いませんでしょ・・?(笑)

これも大切に
とっておかなきゃ!(^o^)/

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時