長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

他の薬剤師とは違う、違う観点を持つ変わった薬剤師

健康診断で
血圧、中性脂肪、血糖値、肝機能

正常範囲から出ていたら
一律に表記されるのが

塩分を控えましょう!
運動をしましょう!
甘い物を控えましょう!
禁酒しましょう!

では、同じように私が
相談室でアドバイスして

お客様に
感謝感動されるでしょうか?

それで結果が
出せるでしょうか?

かかりつけ医から
血糖値が高いと指摘された
妊婦さん

朝食を食べて行ったから?
甘い物が多過ぎたから?

そう考えるのは
実に常識的です

しかし、私のアドバイスは

<血糖値と自律神経の関係>

臨月に向かって
さらに交感神経モードになるのに

交感神経モードの生活を続ければ
血糖値が上昇するのは自明の理

交感神経モードは
血圧も上げますから

妊娠高血圧(中毒症)にも
なりかねない

私からのアドバイスは

「朝4時に起きて洗濯するの、
やめようよ!

ニワトリ🐓より
早く起きちゃいけないよ」

交感神経から副交感神経に
ギアチェンジする即効性の薬が

<睡眠>

マーヤサロンからも
足がむくんでいたと報告を受けました

それは低蛋白血症、甲状腺機能低下症
といった病気ではなく

1日の中で
横になっている時間より
座ったり立ったりしている
時間のほうが長いから

長いから、血流が重力に負けて
下肢に水が集まる

横になる時間を
睡眠時間を増やせば

すべては解決します\(^o^)

そのあとにいらっしゃった
お客様のご相談は

夫が無気力で
どんどん認知症が進んでいる

といった内容でしたが、
私の前では

ニコニコされて
「はい!」とちゃんと
受け答えもできる

高血圧、動脈硬化、糖尿病という持病から
薬もたくさん出ている

「食べ過ぎないように」
「脂っこい物はダメ」
「塩分も極力控えて」

栄養指導を受けている

私は
神棚にお供えしている物を

神棚から降ろして
相談机に置きました

水、塩、米、酒

今の医学は

塩は
高血圧になるからダメ

米は
炭水化物だから控えて

酒は
良くないから禁酒

ほんとうに
それらは良くないのか?

病院の点滴の成分は
<生理食塩水>

それは
<水と塩>

最低30品目食べる!
タンパク質を積極的に!という
今の栄養学

でもそれらは
神棚にはお供えしないぞ(^-^;


以下、私がアドバイスしたこと

奥様のご主人に対する食事は
まことに医学的には正しいことです

カロリーを抑えて、塩分を抑えて
大好きだったお酒を禁酒させて

でも、栄養指導を順守していても
ご主人は元気にならない

血圧、血糖値、中性脂肪は
落ち着いていても

まったく
覇気がない
笑顔がない
しゃべらない

ご主人はいったい
何のために
生きているのでしょうね?

生きている喜びって
何でしょうね?

何を楽しみに
生きているのでしょうね?

○×式の献立の毎日

そこに食の喜び
見出せるでしょうか?

ご主人は確か
宮大工さんでしたよね?

<塩、米、酒>

ご主人と本来、
相性良いと思うんですけどね😊

今のご主人に
一番必要なものは

「あ~美味しい~~!!」

その感動ではないでしょうか?

「過ぎたるは及ばざるがごとし」

厳格過ぎるのも
どうかと思いますよ

世の中、常識的に正しいと
される物や行いが
すべて正しいとは限らない

という考え方を
持てるかどうか?

持てない人たちが
自分の行いに目が向かず

さらに薬で何とかしようと
する傾向にある

薬で生計を立てている
薬剤師の感想でした~😊

やはり結論は

人生、

「長さ」を求めるか?

「質(内容)」を求めるか?

そこに帰結すると
実感しています

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時