長崎の薬局 太田東西薬局 東洋医学・漢方相談専門

「物わかりのいい親」にならない!

我が子に対して
心配し過ぎる親に対して

「過保護過ぎですよ」
「心配し過ぎですよ」
「お子さんを信じましょう」

そうアドバイスする風潮で
実際、薬局でも

過干渉・過保護の
お母さん方の集まりなので😊

そう指導することは
ままありますが・・・

子どもを
「見守る」ことは

子どもから
「撤退する」こと
ではありません


渦中の子どもと
対面すべき場面から

物わかりのいい親を“演じて”
逃げてはいけません!

過干渉・過保護と言われようが
我が子の将来を幸せを願えば
深く関わることです

何より親の自分が
後悔しないために

「私は子供を信じています」

子どもには執着しないといった
<物わかりの良い親>が
トレンドな昨今ですが

子どもがピンチの時には
道を踏み外していると思った時は

自分の考えを伝え
とことん関わる親であってほしい

昨日の3者面談

開口一番、お母さんに
息子さんへの今の
印象を尋ねました

「自分のことしか考えていません」

それはこの時↓に
私がORC生に叱った言葉と
全く同じでした


「自分のことしか考えていない」

自分の人生は
家族との、周りとの

<関係性>の中で
成り立つ

まだ10代ならいい

20代後半になって
まだ
「自分のことしか考えていない」

彼女の気持ちを
何もわかっていない

必然、

母親の気持ちを
女性の気持ちを
慮(おもんぱか)る能力がない

それでも

「いいえ、私は息子を信じています」
「この年でわからないのがふつうでしょう」

物わかりの良い親になって
関わることをしないなら・・・・

それは
<ネグレクト>と同じだ!

社会の中で、人間関係で
子どもが稚拙だと思ったら

きちんとその誤りを
指摘してあげることが大切


そのために親は
幸せに生きるための勉強を

子ども以上に
死ぬまで続けるべき

幸い、ORC生のお母さんは
薬局を、私を、私の家族を
100%信用してくださっていますから
(ノブトとORC生は幼馴染なので)

「息子は福岡に居て離れているので
もうあきらめていましたが・・・・

今度の土曜日、私から出向いて
優柔不断な息子の代わりに
私が決着をつけて来ます!」

太田東西の助言に対して
100%の同意から
120%になって

「親の自分が決着をつけます!」
そう決心されたのは・・・・

漢方ではなく、

<タロット占い>の効果
だったのでした~~~(^-^;

それぞれが引いた
カードの意味

その関係性の意味を
説いたのです😊


驚いていました😂

<漢方薬剤師>

<占い師>

その両面からの解説で
説得力倍増中!!!
\(^o^)/

<物わかりの良い親>
<物わかりの良い妻>

ことごとく撃破中!!!
\(^o^)/

これから自分の肩書は

≪漢方占い師≫

≪占い薬剤師≫

どっちかにしようと思います(^^♪

いや、

漢方も、占いも
すべては

相手に気づかせて
相手を幸せにするためにある

肩書なんか
どっちでもいい😊

お問い合わせ
お気軽にご意見・ご相談等
お待ちしております!
FAX: 095-850-6720
〒851-2211 長崎県長崎市京泊1-1-18
受付時間:10時~18時